【ネタバレあり】Netflixオリジナル『ストレンジャー・シングス』シーズン1の簡単なあらすじと感想

こんにちは。ねろです。

先日、Netflixオリジナルドラマの「ストレンジャー・シングス 」を視聴しました。

前からずっと気になってはいたのですが、ようやく見ることができました!

今回はシーズン1のあらすじや感想を書いていきます。ネタバレ要素も含んでいるのでご了承のほどお願いいたします!

概要

今作品はNetflixオリジナルドラマです。現時点ではシーズン3まで配信されている超人気ドラマシリーズで、アメリカでは社会現象にもなっている作品です。

舞台は80年代の架空の町ホーキンス。製作総指揮であるダファー兄弟の80年代愛を感じる、当時のカルチャーの魅力がふんだんに詰まった作品に仕上がっています。

特に、ファッション業界からの注目は凄まじく、ルイヴィトンのコレクションに起用されたり、ナイキやリーバイスなどのブランドともコラボ商品を発売するなど、勢いのある作品です。

ドラマに登場するアイテムや、子どもたちの着用している服なども爆売れ状態で、その人気の程がうかがえます。

あらすじ

以下がNetflixによるあらすじです。

姿を消した少年、人目を忍び行われる数々の実験、破壊的な超常現象、突然現れた少女。

すべての不可解な謎をつなぐのは、小さな町に隠された恐ろしい秘密。

Netflixより引用

突如姿を消したウィル・バイヤーズを探すために、彼の親友であるマイク、ルーカス、ダスティンの3人は警察の制止を振り切って、独自に捜索を始めます。

ウィルがいなくなったとされる森で3人はイレブンという少女に遭遇し、彼女をマイクの家に連れていきます。イレブンの容姿や言動から、ルーカスとダスティンの2人は最初は気味悪がりますが、マイクは何とかしようと彼女を匿います。そこでイレブンはウィルの写った写真を見て彼を知っていると指を指します。

シーズン1では、ウィルの行方と謎の少女イレブンの正体にフォーカスを当てています。

感想

とても面白かったです。ミステリー系とかホラー系の作品が好きなので、すごく楽しめました。

中でも良かった点を3つご紹介します!

1.80年代のオマージュが多い

とにかく、80年代作品のオマージュが多かったです。

まずは作品のメインビジュアル。「グーニーズ」と同じようなタッチのビジュアルで、今風でありながらどこか懐かしさを感じるようなデザインです。

ビジュアルだけでなく、子どもたちが主人公であるところや、ストーリーが進むにつれて深まる絆など、「グーニーズ」を彷彿とさせる要素がふんだんに散りばめられていました。

         https://www.famitsu.com/news/202106/11223456.html

ストーリー序盤はスティーブン・キングの「ミスト」のような雰囲気があり、暗がりで謎の生物が音もなく人間を裏側の世界に引きずり込むところがそれっぽい印象でした。

また、研究機関に追われるイレブンをみんなで守るところは「E.T.」そのものですし、「スタンド・バイ・ミー」を思わせるようなシーンもあり、映画好きにはたまらない要素がとにかく多く、楽しみながら観ることができました。

2.登場人物

登場人物も個性的なキャラが勢ぞろいでした。

主人公のイレブンは超能力者だし、少女なのに見た目も丸刈りでインパクトがすごいです。また、ウィルの母親ジョイス役でウィノナ・ライダーが出演しているのも大きなポイントです。本当にひとりひとりの個性が強いので、見ていて飽きないのもこの作品の魅力だと思いました。

そんな中で、個人的にいいやつだなと思ったのはダスティンでした。

Netflixより

彼は頼りなさそうに見えますが、理論的な考えの持ち主で頭の回転が速く、頼りがいのあるキャラです。マイクとルーカスが喧嘩した時も冷静に説得し、状況を一番理解していました。

また、頭が良いことに加えて、ユーモアと優しさも持ち合わせています。とても個性的でいいやつでした!

また、好きなキャラもいれば嫌なキャラもいました。

特に嫌なキャラだったのはナンシーで、彼女は本心が読めないし、大事なことを言わない。また、スティーブと付き合っていたのも、彼が人気者だったからのように感じました。息が合うのはジョナサンだと自分でもどこかで分かっているのに、あえてスティーブと付き合い続けたのも謎です。見ていて、ナンシー嫌いな人意外と多そうだなと感じました。

スティーブもいじめっ子軍団のキングって感じで嫌なやつでしたね。でも個人的には、スティーブよりも取り巻きの男子の方がムカつきました。あいつ本当に痛い目にあってほしいな。

3.ストーリー

ストーリーはとてもテンポよく進んでいった印象でした。シーズン2、シーズン3と物語は続いていきますが、この作品は1シーズンでほぼ物語が完結するのでとても見やすかったです。

シーズン1ではウィルの救出とイレブンの正体に焦点が当てられましたが、全8話の中でスッキリと完結し、最後に続きを匂わせる形で幕を閉じました。

シーズン1はミステリー調の物語且つ、80年代オマージュでスティーブン・キング要素が強かった印象でした。とても面白かったです。

ウィルが行方不明なので、物語は常に緊張感が走っていましたし、ウィルの母親のジョイスの勇敢さにも心打たれました。

家中に電球を張り巡らせ、ウィルとの交信に成功し、生きていることを知るも、周りからは「イカレてる」と思われ、ドン引かれて。見ていて辛かったです。

ウィルも本当にかわいそうでしたね。生きているのに勝手に死んだことにされ、葬式までされて…。しかも学校でお別れ会も開かれて、学校中の生徒に死んだと思われる始末。シーズン2ではゾンビ小僧と言われるようになります。全シーズンを通して一番の被害者。裏側の世界に行ったことで人生が狂ってしまったキャラクターです。強く生きてほしい。

さいごに

シーズン1はミステリー要素が多めでとても面白かったです。

スティーブン・キングの作品や80年代カルチャーが好きな人にはピッタリの作品だと思いました!

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました