【真・女神転生3 HDリマスター】確実に勝てる!マタドールの攻略方法

こんにちは。ねろです。

真・女神転生3の序盤に登場し、多くのプレイヤーを泣かせてきた最強といわれるボス「マタドール」に絶対に勝てる攻略方法を教えます!!

文章が多いので面倒な方は、目次から「まとめ」に飛んじゃってください。

※こちらはHDリマスター版の攻略方法です。PS2版では適用できない場合があるので注意してください。

最初に準備すること

主人公のレベルを上げる

まずはじめに準備しておくことは、主人公のレベルです。ゲーム開始から、エンカウントで逃げずに戦っていた場合、ギンザ大地下道に到達した時点でだいたいレベル12くらいです。筆者はこの時点でイソラを仲魔に出来ませんでした。イソラはレベル14で仲魔になります。

注意したいのがマタドールは、初見殺しボスであることです。フォルネウスやスペクターはあまり強くなかったので次もなんとかなるだろといって挑むとボコボコにされます。

マタドール戦の推奨レベルは18です。それよりも低いレベルだと運とテクニックが必要になります。

ここでレベルを上げるために必要になってくるのがイソラ焼きです。

門番のいる場所より手前のエリアで一番経験値がもらえる悪魔がイソラであり、水の張っている場所はこいつしか出現しないので、ひたすら弱点のアギでイソラを焼いていきます。完全に作業です。レベル16ぐらいまでは割と簡単に上がると思います。

主人公のレベルが一定数上がるともらえる経験値が少なくなるので、少なくなったと感じたら門番より先のエリアにいる悪魔を倒します。先に進みすぎるとマタドールが出てきてしまうので進みすぎないように慎重に移動します。

この上記の方法が一般的ですが、HDリマスター版には追加DLCがあります。そこにレベル上げの追加マップがあるので、それを購入してレベルを上げるのが一番効率がいいです。

300円かかってしまいますがトロコンや、あまり時間をかけたくない人はDLCを購入するのがおすすめです。

筆者は、門番の先ですぐに戦闘開始になると勘違い&DLCの存在を知らなかったので、ひたすらイソラを焼いていました。何気に時間かかりましたし、DLCの存在に気付いていればよかったと思いました。

仲魔を用意する

主人公のレベルを上げたら仲魔を用意します。

ここで重要となってくるのが「フォッグブレス」と「スクカジャ」の2つです。

このどちらかのスキルがないとかなり厳しい戦いになると思います。できれば両方あったほうが安心です。この点を踏まえながら実際に筆者が出動させた仲魔を紹介します。

実際に出動させた悪魔

1体目 マカミ

マカミ

画像はイケブクロ時点のものなので少し成長してしまっていますが、このマカミはフォッグブレスを覚えることができます。

マカミは合成や会話で仲魔にすることができません。イヌガミを進化させることでマカミになります。

イヌガミはギンザにいるので会話で仲魔にするか、ダツエバ×シキガミで作ることができます。イヌガミはレベル17でマカミに進化します。この際にフォッグブレスを覚えるので、実質イヌガミをレベル17まで上げる必要があります。

育成するのに時間がかかりますが、筆者はこの時作ったマカミをゲーム終盤までフォッグブレス要員として使っていました。弱点がなく、破魔反射を持っているのでかなり活躍する悪魔です。さらにレベル25でディアラマを覚えるので回復役もできます。

かなり優秀な悪魔なので作って損はありません!!

2体目 アメノウズメ

アメノウズメ

こちらもイケブクロ時点のものです。すみません。。アメノウズメは回復役としてオススメです。ピクシー×エンジェルやジャックフロスト×エンジェルで作ることができます。

ジャックフロスト×エンジェルで、ジャックフロストの晴天の会心を継承させるとSILENT時に物理攻撃が必ずクリティカルヒットするのでおすすめです。

継承作成時のレベルは18です。メディアは初期スキルなので特にレベル上げは必要ありません。マタドールは衝撃属性の攻撃を仕掛けてくるので対策が必要になります。アメノウズメは衝撃無効を持っているので、今回の戦闘において活躍できる悪魔になります。

3体目 アクアンズ(おすすめしない)

アクアンズ

こちらはジュエリーRAGで交換できる悪魔です。筆者はここでこんな強敵と戦うと思っていなかったのでスクカジャを継承させた悪魔を所持していませんでした。。(とりあえず殴る派の脳筋)

露頭に迷っていたところ、ジュエリーRAGでスクカジャを最初から所持している悪魔を見つけたので出動させました。はっきり言うとステータスが低いのであまりおすすめしません。イソラと組み合わせればコッパテングを作れたのに何故作らなかったのか疑問です。

アクアンズ×イソラでスクカジャを継承させたコッパテングを作ることをおすすめします。

主人公のマガタマ

主人公のマガタマは衝撃属性無効化のヒフミがおすすめです。マタドールはマハザンを多用してくるので対応する必要があります。ヒフミはギンザ大地下道のジャンクショップで購入できます。

マタドールを倒す

準備が整ったらいよいよマタドールを倒します。

主人公がある程度のレベルまで達していれば苦労することはありません。筆者は難易度ノーマルでレベル21で挑みました。びっくりするほどあっさり終わりました。

カグツチ齢がSILENTの時に挑むのがおすすめです。

倒し方はざっくり言うと、フォッグブレス1回とスクカジャをかけまくり、手の空いている悪魔が攻撃するという流れです。ですが、マタドールの繰り出す技に着目しながら攻撃を仕掛ける必要があります。

前半戦と後半戦があり、前半戦は物理攻撃と衝撃属性の攻撃、後半戦は本気の物理攻撃を繰り出してきます。

前半戦

前半戦では、1ターン目はフォッグブレスをかけた後に攻撃します。

マタドールは赤のカポーテ(自身の回避、命中バフ)を使ってくるので、フォッグブレスをかける前に攻撃しても高確率で避けられます。なのでフォッグブレスでマタドールの命中・回避率を下げてから攻撃しましょう。

前半戦は通常攻撃とマハザンしか使ってこないので、スクカジャを4回かけて手の空いた者たちで攻撃します。

また、タルカジャなど他のバフスキルがあればそれを使用します。(ンダ系はダメ)フォッグブレスは2回使用すると赤のカポーテを再使用してくるので1回だけで十分です。

後半戦

HPが半分になるとイベントを挟んでマタドールが本気を出してきます。

後半戦では、気合いからの血のアンダルシア(全体物理)に注意しましょう。なるべく食らわない方がいいので、いかに早く倒せるかがカギとなってくると思います。

前半戦でバフデバフをかけたと思うので後はひたすら殴っていけば倒せると思います。

もし、血のアンダルシアを受けてしまっても死にはしないと思いますが、レベルによってはかなり体力を持っていかれると思うので、メディアで回復しましょう。

・前半戦では初手でフォッグブレスを1回かける。あとはバフデバフをかけて準備が整ったら攻撃する

・後半戦では早く倒すことを心がける。

まとめ

・レベルを上げてから挑めば苦労しない!(DLC推奨)

・「フォッグブレス」と「スクカジャ」最優先で衝撃対策をする。「マカミ」「アメノウズメ」「コッパテング」がおすすめ!!

・主人公のマガタマはヒフミ

・前半戦はフォッグブレス1回、あとはバフデバフで準備をして攻撃する

・後半戦は早く倒すことが大事!とにかくボコる!!

タイトルとURLをコピーしました